このページの本文へ

Tele-log かわもと

地域に暮らすテレワーカーが、暮らしているからこそ分かるリアルな情報をお伝えします!

New2度の被災から立ち上がろうとする有限会社創修さん

一昨年の「平成30年7月豪雨」で浸水被害にあったオーダー家具・別注家具製作所「有限会社創修」さんが、今年の「令和2年7月豪雨」で再び浸水被害を受けました。今後会社を続けられるかどうかの見通しが立っていないなか、事業再開に向けて動き始めた同社の大谷美希社長に、災害発生時の様子や現在の状況についてお話を伺いました。 “2度の被災から立ち上がろうとする有限会社創修さん” の続きを読む »

花火大会も、夏祭りもない夏が始まる

《今年の夏は想像できない》

今日から7月が幕開けですね。

そういえば、梅雨明けはしたのでしょうか。

湿度が高すぎて、漆作業がやり辛い今日この頃です。

漆芸には向いていない時期なので、制作だけでなく、他の雑務にも力を入れられるこの季節。

今月も駆け抜けて邁進していきたいと思っています!

“花火大会も、夏祭りもない夏が始まる” の続きを読む »

変わりゆく世界で

最近は作品の制作をしながら価値観について、ずっと考えていました。私はいつか、海外で個展をしたいという目標があります。今はコロナで全世界が揺れていますが、無事にこの荒波を乗り越えた時は叶えたい目標の一つです。

“変わりゆく世界で” の続きを読む »

梅雨入り

〔スペクタクル!毎日がはじめて記念日〕

山陰は一年中湿度が高いと言われています。

山の陰なんて名前、誰がつけたんでしょう。

山陽という名前が羨ましいと思うのは、きっと私だけではないはずです。

島根県は湿度が高いがゆえに、美肌県とも言われています。  “梅雨入り” の続きを読む »

ノスタルジックな風景!川本町を彩る赤褐色の屋根

私は、埼玉県からIターンで今年の夏に川本町へやってきました。

最寄りのバス停は旧JR三江線の石見川本駅というところです。

昨年、JR三江線が廃線になってから広島駅から川本町への公共交通機関でのアクセスは一日2本の高速バスのみになりました。

埼玉の実家を朝の六時に出発し、電車・新幹線・高速バスを乗り継ぎ、川本町の家につくのは夕方六時頃です。

約12時間の旅で辿り着く川本町は、中山間地域で深い山々の中にある町です。

今日は、私が守りたいと思った旅先にある美しい景色についてお話します。

“ノスタルジックな風景!川本町を彩る赤褐色の屋根” の続きを読む »

多数の海外公演も行う川本町の伝統郷土芸能・江川太鼓

10月5日(土)に松江市のTSK山陰中央テレビ特設会場にて「第9回輝けイレブンしまね町村フェスティバル」が開催された。

しまねの輝く11町村が集まり、町村物産販売コーナーやしまねのご当地キャラが大集合した。特設ステージでは2日間に渡りそれぞれ町村の伝統芸能が披露された。その際、川本町からは伝統郷土芸能の「江川太鼓」の演奏が行われ、心臓に響く迫力満点な曲の数々を演奏し、観客を魅了した。

今回はそんな川本内外でも人気の江川太鼓の取材特集である。ステージ上のパフォーマンスではきくことはできない、結成の秘密や、それぞれの曲にこめられている想いをピックアップして紹介していこう。

“多数の海外公演も行う川本町の伝統郷土芸能・江川太鼓” の続きを読む »

温泉でアート!みせん荘×空気社×アートスポット

みなさま、こんにちは!

先月の8月13日(火)に湯谷温泉みせん荘で空気社企画「温泉でアート!」というイベントがあったことはご存じですか?

武蔵野美術大学学生さんご協力のもと、湯谷温泉の中庭に皆で大きな絵を描いて完成させました。

子どもからお年寄りまで誰でも参加可能で色塗り体験ができ、夏の思い出に沢山の方が楽しみにいらっしゃいました。

本記事ではそのイベントについて深掘りしていきます。 “温泉でアート!みせん荘×空気社×アートスポット” の続きを読む »

このページの先頭へ