このページの本文へ

Tele-log かわもと

地域に暮らすテレワーカーが、暮らしているからこそ分かるリアルな情報をお伝えします!

このページの位置: Home > > ドキドキの330円うどん&ラーメン ~コインレストランかわもと~

ドキドキの330円うどん&ラーメン ~コインレストランかわもと~

首都圏には東京ディズニーリゾートが、大阪にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、そして、ここ川本町には「コインレストランかわもと」があります。

日本には人を笑顔にする場所が数多くありますが、今回は、自動販売機から料理がでてくる衝撃と、感動を味わえる「コインレストランかわもと」についてご紹介します。全国的にも数少なくなったといわれるコインレストランがある川本町にぜひ遊びに来てください。

ふとしたときに行きたいレストラン

おなかがすいた。でも、がっつり食べたい気分じゃない!そんなとき、そっと思い出してしまうレストラン。それが、「コインレストランかわもと」です。

とある土曜日の昼下がり。姪っ子たちと、川本町の「コインレストランかわもと」へやってきました。お昼時のレストランの店員さんは自動販売機だけ。昭和の雰囲気が漂う店内は、簡単な飲食スペースと多種類の自動販売機が待っています。

自動販売機の種類が豊富

「コインレストランかわもと」には、種類が豊富な自動販売機が設置されています。どこにでもあるおなじみの飲料専門の自動販売機から、銭湯などでみかけるお菓子の自動販売機、スキー場の休憩場でみかけるカップラーメンを販売する自動販売機などです。

姪っ子たちが真っ先にかけよった自動販売機は・・・お菓子の自動販売機でした!お菓子の自動販売機に群れる姪っ子を尻目に、私がかけよった自動販売機は、うどんとラーメンが選べる自動販売機です。

 

演歌のこぶしにのってメニューを選ぶ

うどんとラーメン、どちらが気分なのか、迷う心を決めたのは、店内にふんわり漂う鶏だしの香りです。今日はラーメンだ!ということで、さっそく自動販売機へお札を入れようとすると、「コイン」レストランかわもとだけに、お札の入らない自動販売機でした。さっそく両替です。

店内のBGMは、常に演歌です。演歌の曲が佳境に入り、歌手のこぶしが入るころ、そのこぶしにのせて、メニューのボタンを一押しすると・・・。今日もでてきました。アツアツのラーメンです!

自動販売機からラーメンが

自動販売機からラーメンがでてくるときにふと思うこと。自動販売機の中には人がいて、常に料理をしているのではないかということです。そんな妄想にふける午後ですが、そうこうしているうちに自動販売機がラーメンを作ってくれました。さて、ラーメンのお味はどんなお味でしょうか。自動販売機職人が作ってくれた、できたてラーメンは、その見た目から勢いがあります。自動販売機職人の心意気は、器からはみ出る麺からも伝わってきます。

コイン6枚さえあれば

コイン6枚で味わえるラーメンには、ちゃんとチャーシューがのっています。そして、客席には「しお」と「コショウ」が用意してあります。椅子の種類も、回転する椅子から、背もたれのある椅子まで、体の調子に合わせて選ぶことができます。全国各地、おしゃれなカフェやレストランがありますが、こんなにも食べる時間を楽しめるレストランはそうありません。あなたも川本町のコインレストランで、コインで得られるドキドキ体験をしてみませんか。

ライター EGOMA

コメントを残す

この記事のトラックバックURL:
http://www.tele-log.net/kawamoto/2018/09/post-123/trackback/

このページの先頭へ