このページの本文へ

Tele-log かわもと

地域に暮らすテレワーカーが、暮らしているからこそ分かるリアルな情報をお伝えします!

このページの位置: Home > 暮らし > 気軽に癒しをもらえる温泉 湯谷温泉

気軽に癒しをもらえる温泉 湯谷温泉

 

温泉施設はたくさんありますが、川本町の温泉といえば、湯谷温泉です。町から車で20分。くねくねした細い山道を走り抜けると、現れる湯谷温泉。

今回は、山の中にある私のひみつの温泉。湯谷温泉について紹介します。

湯谷温泉で欠かせない相棒とは・・・

呼吸するのも蒸し暑い。そんな休日の夕方に、私のひみつの温泉、湯谷温泉にやってきました。この温泉は、日々の疲れがたまってしまったときに、足を運ぶとよい温泉です。

温泉にいくときに忘れてはならない相棒、それはポイントカードです。

湯谷温泉は入浴するごとにスタンプを押してもらえ、10回分のスタンプが集まると、1回の入浴が無料になるシステムなのです。ポイントカードで入浴する体験を目指して、本日もやってきました。

 

 

乗るとタイムスリップできそうな体重計

私は、温泉に来るとついやってしまうことがあります。それは、体重測定です。自宅の体重計と温泉の体重計では、鳥の羽くらい違っているかもしれない!その希望を胸に、つい乗ってしまう体重計は、いつも無情です。体重計の針が差し示す値は、鳥の羽も違わないいつもの体重です。湯谷温泉の体重計は、昭和の時代を感じることができる、レトロな体重計です。私の体重も昭和のあの頃に戻らないかな・・乗るとタイムスリップする体重計ならいいのに。そう考えて今日も測定しました。

 

水戸黄門の「お銀」気分になれる温泉

温泉に入ると、大きな浴槽が2つあり、その手前には樽に湯がある温泉があります。それぞれに名前がついていて、効能が違う温泉は、自分の気分にあわせて入浴することができます。まずは、大きな浴場の温泉に入り、体を温めます。私の最終目標は、樽の温泉に入浴することです。

入浴すると、水戸黄門のお銀にでもなったかのような気分になる樽の湯は、のぞき見をする悪代官はいないものの、入浴中あたりをキョロキョロしてしまう、不思議な温泉です。

 

 

おみやげに江川太鼓Tシャツ

湯谷温泉のおみやげ品コーナーは、待ち時間を最適に過ごせるすてきなコーナーです。川本町にちなんだ食品や商品を取り扱っているおみやげコーナーで、私の目を奪ったのは「江川太鼓Tシャツ」です。江川太鼓とは、昭和47年に結成された太鼓を演奏する川本の芸能団体です。私は、江の川太鼓のグッズがあることを、湯谷温泉で知りました。他のお店でもなかなかみつけることができないレアなTシャツに湯谷温泉で出会ってみてください。

ライター EGOMA

コメントを残す

この記事のトラックバックURL:
http://www.tele-log.net/kawamoto/2018/08/post-94/trackback/

このページの先頭へ